エタニティリング☆ Briller Petit2015年01月17日

 年が明け、1月も半分が過ぎました。あっという間ですね。
 寒さもこれからが本番。皆様、体調にはどうぞお気をつけください。

 今回は、昨年好評でした新作ネックレス briller petit(ブリエプティと読みます。小さな光という意味です)につづいて企画しました、同シリーズの新作リングについてお届けします☆

エタニティリング-ルビー

 この新作リングはハーフエタニティ風のデザインで、カラーストーンの種類違い、18金の素材違い(前回ブログにてお伝えした話題です♪)で、3つのパターンを制作しています。

 ここで豆知識!
 写真に掲載しているルビーにしても、サファイアにしてもそうなのですが、実はカラーストーンのエタニティリングを制作するのは意外と大変です。
 というのも天然のカラーストーンは一つひとつの色味や大きさが微妙に異なるため、沢山の石を並べるエタニティリングのようなデザインでは、同じ色味、同じ大きさのものをできるだけ揃えることが重要なのです。

 したがいまして、色味が一様で綺麗に見えるよう、数十から数百個の中から石を選ぶ「色合わせ」という地道な仕事がとても大事になります。当工房においては、石の仕入れ担当者が責任をもって行っています。
 この「色合わせ」で選ばれた石たちは、リングにセットするため、次にクラフトマンの手に渡ります。色味だけでなく大きさもできるだけ揃えたとはいえ、渡された石たちはやはり微妙に直径や高さが違います。これらを単純にセットしてしまうと石がデコボコになってしまいますので、クラフトマンは石に合わせて微調整しながら一つひとつセットすることになるのです。

 ダイヤモンドであれば流通量も多く、色味・大きさ・形とも揃いやすいのですが、カラーストーンは石の仕入れ担当者やクラフトマンの力量を問う、なかなか奥が深いものなのです・・・。

エタニティリング-ゴールド-ルビー

 そして、完成品がこちら!

 写真は、ルビーとダイモンドを18金イエローゴールドにセットした、ちょっとアンティーク調のリングです。
 この他にも、ブルーサファイアとダイヤモンドを18金ホワイトゴールドにセットした、上品でシックな組み合わせ。ピンクサファイアとダイヤモンドを18金ピンクゴールドにセットした、とてもとても可愛らしい組み合わせがあります。カラーストーンは5石、ダイヤモンドはメレサイズのものを8石使用しました。
 存在感があるデザインですので、1本着けただけで手元を華やかに飾ってくれます。エンゲージリングやアニバーサリーリングなど、記念のリングとしてお買い求めいただく方も多いんです!

 こちらのリングは、3種類とも吉祥寺店舗、横浜山手店舗にご用意しております。数に限りがございますので、気になる方は是非お早めに見にいらしてくださいね!スタッフ一同お待ちしております。

K18YG・ルビーリング \96,000、K18WG・ブルーサファイアリング \109,000、K18PG・ピンクサファイアリング \88,000 (すべて税別価格です)
※在庫のリングサイズは#9です。#6~12の範囲であれば、リングサイズ調整を無償にて実施いたします。