素材:ゴールドについて2014年12月27日

 ジュエリーの素材には、プラチナやゴールド、シルバーなど、いろいろな種類がありますが、今回はその中の一つ、ゴールドについてご紹介したいと思います!

 一口にゴールドと言いましても、14金、18金、24金といった風に、幾つかの種類に分かれます。この数字は金の純度を表しており、24金がいわゆる「純金」と呼ばれるもので、ほぼ純度100%のゴールドです。
 これに対し、18金の純度は75%(24分の18)、14金の純度は58.5%(約24分の14)となっています。18金の場合で言いますと、残りの25%の部分は「割金(わりがね)」と呼ばれ、銀や銅などの金以外の金属が使用されます。

 純度100%の24金の方が良さそうにも思えますが、純金は柔らかく、傷がつきやすいといった理由で、ジュエリーの素材として使用されることは多くありません。一方、純度の低い10金や14金は価格も安く、気軽にジュエリーを楽しむには良いのですが、割金が多い分だけ変色しやすく、将来的なメンテナンスや修理には向かない素材です。
 したがいまして、当工房のゴールドジュエリーは、純度が高く、末永くご愛用いただける「18金」を使用して制作しています!

 そして、このゴールド。割金に使用する金属によって、「色味」が変わることが特徴です。
 当工房では、イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、シャンパンゴールドと、4つの色味の18金をご用意し、その中からご希望の素材をお選びいただけます。

 明るさや照明の種類で微妙に色味が変わりますので、写真だけではお伝えしづらいのですが、ひとつひとつ参考画像とともにご紹介します。

指輪-オーダーメイド-イエローゴールド
 まずは、イエローゴールドから。
 ゴールドといえばこの色を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。リングのデザインによってクラシカルな印象になったり、カジュアルな雰囲気になったりと、様々な個性を見せてくれるカラーだと思います。
 以前のブログでご紹介しましたように、割金の中の銀の比率が高くなると、白味の強いちょっとめずらしいイエローカラーに変わります。

指輪-オーダーメイド-ホワイトゴールド
 静謐な輝きが目を惹く、ホワイトゴールド。
 ゴールドというと、金色のイメージがあるかと思いますが、割金にパラジウムを使用するとこのように白くなるなんて不思議ですよね。白色の素材といえばプラチナですが、プラチナより少し黒味がかった白色で、また違った趣きがあります。
 ロジウムという金属でプレーティング処理(メッキ)をすることもありますが、色味を活かした無垢のままをご希望されるお客様も多いです。

指輪-オーダーメイド-ピンクゴールド
 優しく柔らかい色味のピンクゴールドです。
 名前の示す通り少し赤味の入ったゴールドで、日本人の肌色によく馴染むと言われます。可愛らしい色合いに魅かれる女性の方が多いのではないでしょうか。
 プラチナとコンビで制作することや、修理・リングサイズ調整が難しいことに注意が必要です。言い換えますと、工房の技術が求められる素材でもあります。

指輪-オーダーメイド-シャンパンゴールド
 昨年から仲間入りしました、シャンパンゴールド。
 実は、正式名称ではありません。上品で繊細な光沢が、まるで本物のシャンパンのようでしたので、このように呼んでいます☆
 イエローでもピンクでもない落ち着いた淡い色味がよい、カラーゴールドがよいけれど自然体でジュエリーを着けていたい、というお客様にとても好評です。

 このように割金が違うだけで、こんなにも色のバリエーションが出てきます!
 また、10金や14金より純度が高いとはいえ、18金も使用しているとだんだんと色の感じが変わっていきます。もちろん、メンテナンスすることによって元の色味を取り戻すことが可能です。ですが、少しずつ変化していくのも、一緒に過ごした時が刻まれていくようで、個人的には嬉しい感じがします♪

 本日ご紹介したゴールドの色味は、店頭に素材サンプルとしてご用意しております。ぜひ実際にお試しいただきながら、お好みに合うものを見つけてください☆

コメント

トラックバック