事例ご紹介-ピンクダイヤモンド2014年11月13日

エンゲージリング-オーダーメイド-ピンクダイヤモンド
 今回は、K様にご用命いただいたエンゲージリングをご紹介します。ピンクダイヤモンドをサイドにあしらった、きらびやかなデザインです。
 写真ですと、ピンクダイヤモンドの繊細な色合いが伝わりにくいのが残念なところです。。。

 当初のお打合せのときから気に入っていただいた、「海」というシリーズのリング。片側にセットした3ピースのメレダイヤモンドが、海の波しぶきを表現します。お打ち合わせは、カスタマイズは行わず、基本デザインのままおつくりするという流れで進みました。
 後日、お見積りをご提示し、実際にダイヤモンドのルース(裸石)をご覧願ったタイミングにて、「サイドストーンをピンクダイヤモンドに変えられますか?」との追加のご要望を承りました。

 ピンクダイヤモンドには、天然由来の色味を持つ「ナチュラル」と、人工的に着色した「トリートメント」があります。ナチュラルは淡いピンク色が特徴的で、その愛らしさに心惹かれる女性も多いのではないでしょうか。
 ですが、ナチュラルは採掘量がとても少ないため、おのずと流通する量も限られてしまい、極めて希少な石となっています。

 今回、このナチュラルカラーのピンクダイヤモンドをご用意することが、実はちょっと大変でした。
 もともと希少である上に、ご希望のデザインはサイドストーンの大きさが3つとも違うため、質の良さ・色合いを揃えたサイズ違いのピンクダイヤモンドが必要となります。また、すでにご覧願い、気に入っていただいたセンターストーン用のダイヤモンドを仮押さえできる時間が、それほどありませんでした。
 そのような状況にも関わらず、幸運にもご要望に沿う石が見つかり、リング制作がスタートできたのは、K様の想いにピンクダイヤモンドが引き寄せられたからかもしれません☆

 実際に完成したリングは、ダイヤモンドの清廉な輝きと、ピンクダイヤモンドの可憐なきらめきが、互いの美しさを引き出し合うような、すてきな仕上がりとなりました♪

 今回のようにお見積をご提示した後でも、「やっぱり石を追加したい」、「違う素材でつくりたい」等の変更したい点がありましたら、ご遠慮なくご相談ください。
 心からご満足いただけるリングをおつくりできるよう、誠心誠意を持ってお手伝いさせていただきます!

コメント

トラックバック